• このエントリーをはてなブックマークに追加

次世代の加熱式電子たばこ、たばこベイパーとは

たばこは火を付けることにより煙草の葉を燃やすことによって、その煙を吸引するという嗜好品です。しかし、この方法では火を扱いますし、また煙も周囲に撒き散らすため環境問題にも発展しており、禁煙運動の理由となっています。その一方でこれらに配慮しつつたばこを楽しむ方法として、たばこベイパーと呼ばれる電子煙草があります。電子タバコの共通していることは加熱式であることでリキッドや煙草の葉を加熱することで蒸気を発生させてそれらを吸うというものです。この方法では、周囲に煙を撒き散らすといったことがありませんし、火も使わないので安全にたばこを吸うことができます。また吸い殻が発生せずスタイルも未来的なデザインが多くおしゃれでファッションアイテムとしても使われています。

葉タイプとリキッドタイプの特徴

たばこベイパーは分類すると、たばこの葉を燃やすタイプと液体のリキッドタイプの2種類があります。基本的な仕組みは加熱式で電気によって加熱しそこから発生した水蒸気や煙を吸引するというものですが、リキッドタイプにはさまざまなフレーバーを入れることで香りを楽しむといった多様性があり、ニコチンを含まないものもあります。また葉タイプのものでもフレーバーを足すことで香りを楽しむことができます。これらは火を付けて楽しむ従来のたばこにはないものです。
また葉を使うタイプでは葉を加熱するので煙が発生しますが、吸う時だけ加熱するので従来のものと比べて副流煙を周囲に撒き散らすことがないのも大きな特徴ですし、通常のたばこと比べても有害物質を限りなくゼロにすることができるメリットがあります。

たばこベイパーを選ぶさいのポイントは

選ぶさいのポイントとしては、使用できる時間とカートリッジの豊富さです。加熱式ですので電気によって加熱するわけですが、携帯性が重視されるため電池によって加熱が行われます。このため乾電池式では1本吸うごとに交換したり、または充電池でも短い間隔で充電しなければならないといったデメリットがあります。しかし、近年は長時間の使用が可能なものもあり、選ぶ時の基準になります。
一方でこれらの機械は統一した規格があるわけではないのでカートリッジを共有することはできません。このため出しているメーカーが多くのカートリッジを販売しているかもポイントになります。リキッドタイプでも補充できるものとそうでないものがあるので、購入後の消耗品の購入のしやすさや使い勝手の良いメーカーを選ぶことが大切です。