• このエントリーをはてなブックマークに追加

バッテリーを用いた画期的なたばこベイパー

たばこベイパーには、おしゃれでスタイリッシュなデザインのものが多いです。少量の香り付きリキッドを熱して煙を生成させ、本物のたばこと錯覚しますが正確には煙ではありません。リキッドを蒸発させただけの蒸気を吸う画期的な商品ですが、さらにバッテリーを用いたタイプもあります。福岡市の一部販売店と全国のオンラインショップで売っているバッテリーとカードリッジからなるたばこ用デバイスであるベイパーが発売されていて、火を使わずにクリアな味を楽しめる画期的な商品です。火を使っていないため煙のにおいがなく、もちろん灰が出ることもないです。この商品は愛煙家にとっても、禁煙家にとっても画期的な商品になり、たばこという概念を根本的から大きく変えてくれそうです。

たばこベイパーのとタバコの違い

電子タバコと違い、吸入器によってたばこやミント、フルーツなどの味、香りをつけた水蒸気を吸引するもので、人体に害が及ばないだけではなく、周りのたばこを吸わない人にも不快感を与える心配がないです。吸入器はカードリッジに入った液体をバッテリーによって加熱することに煙を出していて、灰が出ないだけでなく、火を全く使っていないため寝たばこなどの火災を防ぐことができます。また、燃焼に伴うタールや一酸化炭素なども発生しないため、たばこだと衣服や室内、髪の毛などに臭いが付着してこもってしまいますが、火を使った煙が出ないため、そういった臭いが気になる人には大変オススメです。また、見た目も大変おしゃれで、たばこというよりどちらかというと、葉巻を吸っているような感じの方が近いです。

種類も増加!たばこベイパーの普及

無煙タバコの市場は大変激化していて、日本の薬事法では電子タバコの販売が難しいこともあり、無煙タバコがこれからの市場を引っ張っていきそうです。ブレードにたばこを刺して内側から加熱させ、たばこの葉を蒸しているような感じの無煙タバコが国内シェアの7パーセントを占めています。このタイプの無煙タバコは、加熱式たばこということで、チャージ型とホルダー型に分かれていて、ホルダーとたばこをセットにして吸い、終了したらホルダーをチャージして充電をするという仕組みです。また、タールや一酸化炭素を全く吸入しないタイプの無煙タバコもあり、ニコチンはきちんと吸収しているためたばこをちゃんと吸っているという感覚を持つことができます。