インプラントとは

インプラントとは人間の体内に埋め込む器具のことを指しますが、一般的には失った歯の代わりに埋め込む人工の歯のことを指しています。
歯に埋め込むものとしては入れ歯やブリッジがありますが、入れ歯の場合には固定の仕方の関係で埋め込んだ部分の歯だけではなく残っている天然ものの歯にも負担をかけてしまい、ブリッジは両側の歯と一緒に固定するものですが、その分両側の歯に手を加える必要があり、結果的に他の歯を傷つける方法となってしまいます。

インプラントの場合には一本一本人工の歯を器具に固定してそれを埋め込むものとなっており、固定するというよりは骨に定着させる方法であり、そのお陰で通常の歯と遜色のないように使うことができるようになります。
入れ歯やブリッジとは違ってすぐに固定して使えるわけではなく何回か手術を行う必要があり、更にインプラントの歯自体を骨に定着させるため時間を置く必要があります。
そのため完全に完了するには時間を要することになり、後のアフターケアも重要となります。

長くかかるのと一本が何万と費用が高額なのが難点ではありますがそれだけでなく、このインプラントは人によっては利用することができない場合もあります。
この利用できないケースに陥っている場合は無理にインプラントを行おうとすると逆に人体に危険が出る可能性が高いからです。
では実際にインプラントの治療ができないケースとしてはどのようなものがあるのでしょうか。